女性の薄毛について

薄毛というと男性のものと思われがちですが、女性でも薄毛で悩んでいる人が多いと聞きます。

女性の場合、男性のように薄毛が進行してハゲてしまうということはあまりないのですが、あまり気づかないうちに進行し、40代くらいから自分の髪が薄くなってきているのではと気づくようです。

これは、女性ホルモンの1つである「エストロゲン」が関係していると考えられています。

エストロゲンは30歳前で分泌がピークをむかえ、その後は年齢と共に減少すると言われています。

ちょうど40代というと更年期と言われる時期になり、エストロゲンが減少することで髪の本数が減ったり、髪そのものが痩せたりして薄毛になるのです。

女性の薄毛は、「びまん性脱毛症」や「女性型脱毛症」といいます。

男性がハゲるのとは違い、徐々に薄くなっていくので美容院などで頭頂部が薄くなっていると指摘されて気づくことが多いようです。

女性の薄毛は、頭頂部からあらわれるともいわれていますので、時々自分でも頭頂部をチェックしてみると良いでしょう。

地肌が透けて見えてきた、という場合薄毛が進行している可能性があります。

あれ、おかしいなと気づいたら、早めに相談すると良いでしょう。

美容師さんや医師、または育毛サロンなどのカウンセラーならどう対処すれば良いかを教えてくれます。

放っておけばどんどん進行するので、早めに対処して進行を食い止めるようにしましょう。

髪は女の命と言われています。

その髪をいつまでも美しく保つためにも、適切な対応をしたいものです。

▼女性の薄毛で頭を抱える前にin東京▼http://www.aridabuilders.com/